肥満はダイエットで改善しましょう|腰への負担軽減を目指す

女医

とても厄介である

肥満

MRI検査が中心

腰に関わる疾患で、レントゲン検査などの画像診断では異常のないものが大半を占めます。こうした腰の疾患のことを非特異的腰痛と呼んでいて、筋肉などの軟部組織が痛みの原因になります。これに対して腰部脊柱管狭窄症は、非特異的腰痛とは異なって画像診断で異常が現れる疾患です。なかでもMRI検査を行ないますと、その異常所見が分かり易くなります。レントゲン検査の場合には、骨の描出能力に優れた検査法です。しかし、腰部脊柱管狭窄症というのは、椎間板や神経が問題となる疾患です。そのためレントゲン検査では、十分な所見を得ることが困難になります。これに対してMRI検査の場合は、椎間板や神経を映し出すことが可能な画像検査です。したがって腰部脊柱管狭窄症の検査は、MRI検査が中心になっていくと予測されます。

オープン型MRIの採用

このようにMRI検査は、腰部脊柱管狭窄症の検査として役立つのですが、課題も存在しています。その課題の一つが、トンネル状の筒のなかに患者さんが入ることで、検査を実施することです。トンネル状の筒のなかに入るということは、とても狭い空間に入ることになります。またこの狭い空間は、薄暗いことが一般的です。すなわち、狭くて薄暗い空間に、一人で長い時間過ごす必要性があるのです。こうした狭くて薄暗い環境は、大人であっても苦手な人が多いですし、子供であれば尚更強まります。そのため、MRI検査を受ける必要があるにも関わらず検査できない人がかなり存在したのです。この課題を克服するために、最近はオープン型MRIが開発されました。オープン型MRIであれば、もちろん狭い空間に入る必要はありません。加えて明るさについても、通常の照明を利用できますので、十分な明るさを確保できるのです。こうしたことから、腰椎椎間板ヘルニアの検査には、オープン型MRIの採用が増えているのです。

肥満の改善

腰は身体全体を支えている重要な存在です。しかし、肥満体型である場合には腰に悪影響が出るほど負荷が掛かってしまうのです。肥満はダイエットを行なって改善するようにしましょう。適正体重までダイエットを行なうことができれば腰への負担はなくなります。

つらい回転性めまい

2人の医者

メニエール病は、ストレスが過度にかかっている人ほど、発症する率が高いと言われています。ライフスタイルの改善、余裕のある精神作り、病院での適切な治療を受けることが、メニエール病の改善に必要不可欠といえます。

めまいをひき起こす病気

看護師

メニエール病は誰でも起こる危険性がある難病なので、気をつけなければなりません。しかし、生活習慣を改善することでメニエール病を予防することができるので、規則正しい生活を心がけることが大切です。

MRI検査の今後

女性

癌になっても早期に発見することができれば治すことも可能なので定期検査は欠かさずに受けた方が良いです。しかし癌が転移してしまった場合には少し厄介なことになりますが、その場合でも決して諦めずに治療を受けることが大切です。